« 海川バリスタ鮎納会 | トップページ | ワカサギ例会 ~ 山中湖から相模湖へ »

2012年11月25日 (日)

久々のカワハギ(真鶴)

2012/11/24 今日は海川バリバリスターズの沖釣り懇親会。船宿は真鶴定宿の富丸さんで、ターゲットは三ツ石周りのカワハギ。

■ 大失態

Imgp0862

高血圧の薬がなくなったことに気付き、急きょ、掛かりつけの診療所に受診することにした。土曜も診察する医院なので、いつもかなり混む。診察を終え、急いで真鶴に向かい、なんとか集合時間の11時半前に着くことができた。そんなこんなでバタバタしてしまい、クーラーボックス、昨日剥いた餌のアサリ、竿3本、ウェア、長靴は車に積んだのだが、肝心のタックルボックスを忘れてしまった。リールを船長から、仕掛け類を仲間達から分けてもらい、何とか釣りをすることができた。こういう恥ずかしい失態は二度としないように肝に銘じないといけない。

■ 小ぶりの中に最大30㎝級

Imgp0855_2

Imgp0856

三ツ石周りの水深は20mほどのポイント。前の日は天気が悪かったが、真鶴にしては波もやや高かった。前の晩に剥いたアサリを針に付け、錘が着底したら糸フケを取り、静かに待って様子を見る。アタリがなければオモリを軽くトントンと叩くという〝縦の釣り〟中心にやってみた。潮が流れた時は連チャンで掛かって、久しぶりにハギの引きを堪能できた。型は15~18㎝が多かったが、苦楽研人師匠が釣り上げた30㎝級のハギは肝がパンパンで見事な型であった。他のメンバーも10~20枚の釣果で曲者ハギとのやり取りを楽しんでいた。私は18枚で9枚はワッペンサイズでリリースした。

■ 釣行後記

Imgp0866_2

カミさんからのリクエストで、ハギは薄づくりにして肝醤油で食べてみた。まだ、肝は小さかったが、やはり美味かった。今日は車のトランクを開けてタックルボックスを忘れていることに気付き、かなり焦ってしまった。肝の練り方が足りないようだ。今度は波の穏やかな日に船外機付きの小舟でのんびりとハギと戯れたいものだ。

|

« 海川バリスタ鮎納会 | トップページ | ワカサギ例会 ~ 山中湖から相模湖へ »

沖釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々のカワハギ(真鶴):

« 海川バリスタ鮎納会 | トップページ | ワカサギ例会 ~ 山中湖から相模湖へ »