« 山中湖のわかさぎ~屋形船(アポロ) | トップページ | 南房太海のヤリイカ »

2009年3月 1日 (日)

南房太海のヤリイカ

090301satosimaru_0013月1日は狩野川のアマゴで渓流解禁を迎えていたのだが、リバーノウティに沖釣りクラブ(仮称)が発足、その祈念すべき第一回目の釣行へ出掛けてきた。船宿は苦楽研人師匠御用達の聡丸。他にメンバーは前川さんに中村クン、そして私の4人だ。この船宿は片弦7名ずつの合計14人の予約製、休日でもゆったりと釣りをすることができた。

■ 船上氷雨、海中イカフィーバー

090301satosimaru_003 090301satosimaru_002 今日はずっと冷たい、1~1.5mほどの波(うねりあり)。背中を反らして誘いを止めるイカバウアーが船の揺れでキレイに決められなかったが、開始早々から、3点4点6点掛け。しかも、掛かるのが40cmオーバーの良型が多いので、重量感たっぷりのジェット噴射の引きを楽しむことができた。だが、後半失速、スルメ3杯混じりで35杯の釣果だった。前川さんは後半追い上げて33杯、苦楽研人師匠は貫禄の55杯。沖釣り2回目、ヤリイカ初の中村クンは、鮎の名手だけあって、飲み込み早く、40杯の釣果を上げた。7本のプラヅノで8杯のイカを釣ったり、仕掛けを落とし込んでいる途中(水深80m)で、イカをパーフェクトで掛けたりと上々のデビュー戦となった。

■ 18cmのムギイカもゲット!

090301satosimaru_006 竿はシマノバイオインパクトヤリイカ195を使用。この竿は3回目なのだが、今日の後半になって、以前より小さなアタリが明確に感知できた。あまりに明敏に伝わってくるため、体が咄嗟に反応してしまい、小さいイカの単発が続き、チビヤリに翻弄される結果となってしまった。それにしても凄い感度だ。小さいイカはきれいな卵を持っていた。

■ 釣行後記

ここの船長は、錘を着底させたまま仕掛けを弛ませない、仕掛けを降下させる時はサミングをするようにと、マナーには結構きびしい。船長が言っていることは、釣り人同士のお祭りを防ぐための方策であり、楽しいイカ釣りに繋がることである。

|

« 山中湖のわかさぎ~屋形船(アポロ) | トップページ | 南房太海のヤリイカ »

ヤリイカ」カテゴリの記事

コメント

Ayuさん先日は雨天の中お疲れです。

風邪はどうですか?
興津・アマゴ中止になりました。。。。

さて来週の水木金いずれかで、
太海ヤリイカどうでしょう。

投稿: 苦楽研人 | 2009年3月 5日 (木) 05時54分

苦楽研人師匠、先日はお疲れさまでした。風邪はだいぶ良くなりました。太海のヤリイカですが、12日の木曜日はイカがでしょう?

投稿: Ayutarou | 2009年3月 5日 (木) 22時54分

Ayuさん、では12日でよろしくです。

前日は鹿嶋ハナダイを前川さんと狙ってきます。

投稿: 苦楽研人 | 2009年3月 8日 (日) 06時12分

おはようございます。
ハナダイ~ヤリイカとはゴージャスな沖釣りリレーですね。12日はよろしくお願いします。

投稿: Ayutarou | 2009年3月 8日 (日) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南房太海のヤリイカ:

« 山中湖のわかさぎ~屋形船(アポロ) | トップページ | 南房太海のヤリイカ »