« 秋霖 | トップページ | 仕掛けのブルース »

2008年8月26日 (火)

試合の心構え

「勝とうと思わず 負けようとも思わず 上手の相手なれば相抜ければよし」 〝相抜け〟というのは〝引き分け〟、自分よりレベルが上の相手の場合はドローであればOKということである。

この夏、佐伯泰英氏の時代劇小説〝密命〟シリーズを読んでいる。人間味豊かな剣の達人が市井の人達の助力を得ながら、数々の難題をクリアしていくという痛快な物語だが、その中の一文である。全18巻、なんとか読破したいと思っている。

|

« 秋霖 | トップページ | 仕掛けのブルース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試合の心構え:

« 秋霖 | トップページ | 仕掛けのブルース »