2013年12月17日 (火)

山中湖ドーム船

2013/12/15 sun バリバリスターズの例会を山中湖中央ボートにて開催。参加者はゲストを含めて11名。ドーム船の良いところはワイワイガヤガヤと仲間内で会話しながら釣りができることだ。朝のうちは喰いが立っていたが、9時以降はポツポツという感じだった。勝敗は重量で勝負した。トップはゲストの目黒さんで約130匹(466g)だった。型の大きなわかさぎが多かった。

Pc150679


Pc150686

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

から揚げ

狩野川釣行の翌日、小ぶりな鮎は塩コショウで下味を付け、片栗粉をまぶして揚げた。柔らかくてとても美味だった。

P9150486

9/16 8:00現在、台風接近中で、雨と風が徐々に強くなっている。14日に懇親鮎釣り会ができて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

懇親鮎例会(狩野川)

2013/09/13 suncloud一時rain 海川バリバリスターズの懇親鮎例会に参加した。いろいろあって、今季初の鮎釣り。おとり鮎をポイントで止めたり、オモリを付けて早い流れに入れたり…、いろいろやらないと釣れない状況だったが、素直に楽しかった。

2013913_kanogawa1

2013913_kanogawa2

戦績だが、地元の岡田さん、おとり鮎も替えずに29匹の釣果。小指サイズは除外してのスコアというから驚きである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

ヘボ将棋 ~ 真鶴カサゴ

Dsc_0068_3

Dsc_0069

2013/03/31 cloud バリスタのメンバー数人と真鶴富丸さんに乗船してカサゴを狙った。この日は真冬に戻ったかのような寒さだった。加えて、潮流れが雨後の増水した川のように早かった。水深30~50mのポイントだったが、30号のオモリでは仕掛けが流され根掛かりでロスト。40号50号のオモリはちょっと気を緩めると根掛かりで仕掛けやオモリをロスト。結局、購入して持参した3500円相当のオモリと仕掛けを全部ロストした。カサゴ釣りには根掛かりは付き物だが、さすがに気が滅入った。
今日は、新規購入した写真の電動リールを使いたくて乗船したが、釣りの内容が、王将よりも飛車や角行を可愛がるヘボ将棋のような感じになってしまった。

P3310062

P3310064

釣果は鬼カサゴ1、カサゴ1、おじさん1、その他ベら等。帰宅後、釣った魚を刺身にしていただいた。オジサンの刺身は思いのほか、というかかなり美味かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

山中湖わかさぎ例会

P3240052

2013/03/24 cloud 今回のバリスタの例会は山中湖のワカサギ。ちょうど一年前の今日も山中湖でのワカサギ釣りを企画していた。だが強風のため中止。急きょ、九州へ戻る激流の宗さんの送別会になったことが想い返された。ここのところ、風が強い日が多かったが、今日は出船できた。今回は総重量勝負。でも、多点掛けにはボーナスポイントの加点があるというルールで勝敗を決めることにした。いつもながら間近で見る富士山は美しく雄大だった。

P3240050

P3240051

船宿はマリンハウスモモで、船はミシシッピー号というドーム船。船の中央に長方形のバスタブのような物が置かれている感じ。向かい合わせで座って竿を出すので、会話も弾んだ。釣りの方は、誘ってアタリを出しアワセを決めないと釣れない状況ながら、コンスタントにアタリが出て、全員楽しめた。時折、強く吹く風に船が横に流され、対面の人とのお祭りの原因になったようだ。それも一興だ。和気藹々と釣り談義に花が咲いた。

P3240058

P3240054

勝敗は、優勝は十兵衛さん。二位は最後に5点掛けでボーナスポイントを獲得した竹姫。三位は会長だった。鮎釣り解禁までもう少しだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

バリスタ新年初例会 アマダイ~アジのリレー(真鶴・富丸)

2013年2月17日(日)海川バリスタの新年初例会。おなじみの真鶴富丸さんを貸し切って、アマダイ~アジのリレーで釣りfish。乗船した7名で釣りを楽しみながら勝敗を競った。ルールは本命のアマダイ、アジは3点、それ以外の外道は1点の総得点で勝敗を決めた。

Imgp0996

Imgp0998

12:00出船ship。今日は快晴微風sunという絶好の釣り日和。真鶴沖のポイントからスタートするが、アマダイのアタリを出せず、時間ばかりが経過。途中から、アマダイの仕掛けをアジの仕掛けにチェンジ。これでオモリ(ビシ)を海底でトントン!と叩いていると外道が良く掛かる。外道NERAIに切り替えて、イシガレイやトラギス、名前のわからない魚を結構釣った。その後はまた、アマダイの仕掛けに替えて、本命アマダイを4尾ほど釣った。

15:30頃だったかアジ釣りに変更。船長の棚通りに仕掛けを止めて、置き竿で待っていると、

待望のアタリがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!。ゆっくり低速で竿をしならせながら巻き上げ始める。船長が竿先を下にした方がバレないとアナウンスされ、竿先を下げるが、ほどなく痛恨のバレdespair

しばらくして、また、キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!、低速で巻き始めたところで竿先を下に・・・と言われ、また。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。バレweep。前回のアジの時とは全然違う感じだった。船中でアジは2本しか出なかったので、再び、アマダイ狙いに変更。その後は本命は釣れず、外道ばかりを追加して17時過ぎに納竿した。

19時からは函南町のふじ仙で新年会。釣りには来れなかった会員も参加して、ワイワイガヤガヤと楽しいひと時を過ごした。

ふじ仙のジャンボエビフライは美味かった_/\○_   ε=\_○ノ イヤッホーゥ!happy01

勝敗は、アマダイを9尾も釣った会長のぶっちぎりかと思ったが、外道24尾が効いて私が1位。会長賞はジャンケンを勝ち抜いた小○さんがゲットした。今年も一年楽しい釣りができますように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

返り討ち~厚木へらぶなセンター

Dsc_0030

2013/01/27 sun 12:00~15:50  今日はバリスタの例会(真鶴船釣り)&新年会を楽しみにしていたのだが、昨日の強風の影響で延期。前回、オデコを喰らったへらぶな釣りに出掛けた。今日もへらセンターの大池小池ともに満員御礼状態。前回とほぼ同じ釣り座で、同じ竿、仕掛けを用意した。今日の早朝は気温が-5℃だったそうだ。魚の活性が下がっているのは言うまでもない。それをどう攻略していくかだが、また、底釣りからスタートした。

片側はダンゴの練り餌にペレットを混ぜたもの、もう片側はダイワのスティックウドンをセットした。1時間弱経過した頃からウキが動き始め、何枚かは釣れた。釣れたのだが、きちっと口に針掛かりしている魚が少なかった。アタリも小さかった。針の大きさ、ハリスの長さ、ウドンの硬さ、ダンゴ餌の配合など、いくつかのポイントがずれていたのだろう。今日のコンディションから考えて、何をどうすればいいのか割り出せなかった。センスと経験値が不足しているのは言うまでもない。納得いく掛かり方で釣れなかったので、魚の写真はなし。

Dsc_0029

へら釣りは長時間あぐらを掻いてする釣りだ。1時間ごとにトイレに行くようにしているが、おもしろい色紙が置いてあった。雪隠(せっちん)とはトイレのことだ。「いつもきれいに使っていただきありがとうございます」とか「はずすなかれ」とかの張り紙は時々目にするが、この色紙には思わず笑ってしまった。トイレに雲國斎とは池主のセンスもなかなかのものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

初ヘラならず

Photo

Photo_2

2013/01/06 sun 14:00~16:00 午後から厚木へらぶなセンターへ出掛けた。正月休みということもあり、池はへら釣り師で満杯に近い状態。空いていた場所を見つけて準備に取りかかった。今日は時間が限られているので、〝底釣り〟に限定してやることにした。ヘラ釣りでは針を2本付けるが、一つはDZ池底花、もう一つは手軽なスティックウドンSTUのセットにした。この組み合わせで、ヘラを寄せて何とか型が見れると思っていたが、今日はうまくいかなかった。渋いアタリが何回か確認できたが、針に乗せられなかった。また、次回も、もう少しこだわって、このパターンでやってみることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年

あけまして
おめでとう
ございます

本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

WAKASAGI at 山中湖

Dvc00221

Dvc00225

2012/12/24 suncloudsnow 山中湖のドーム船でワカサギ釣りを楽しんできた。今回乗船したのは撫岳荘のBOOというドーム船だ。今年できた新造船だけあって、船内はきれいだった。今回は釣りが初めてというカミさんと一緒の釣行なだけに、水洗トイレ、電子レンジ、温風ヒーター等の装備はとてもありがたかった。

Dvc00222

Dvc00227

写真はカミさんのタックル。最初は仕掛けを弛ませすぎて、隣の人とのお祭りが何度かあったが、徐々に糸を張らず緩めずの状態をキープしながら誘いを掛けられるようになった。この日は群れが回遊してくると、誰の仕掛けにも掛かるが、それ以外は誘ってアタリを出す操作が必要。そして、その小さなアタリをコツコツとモノにしていかないと釣果が伸びないという状況だった。カミさんはアワセがうまくいかなくて、巻き上げ途中でのバレが結構多かった。私もアワセのタイミング、アワセ方がうまく掴めず苦労した。午後の2時半~3時の納竿タイムまでは、仕掛けを落とせば掛かるという入れ食い状態で、ワカサギ釣りの楽しさを充分に堪能することができた。釣果は2人合わせて約200匹。

Dvc00220

今回の船はスタッフも数人乗っており、釣りが初めてという方達への対応はとても親切だった。カミさんも最後の入れ食いで楽しいうちに終わることができて満足そうだった。毎回感じることだが、間近で見る富士は雄大そのものだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«アジ~アマダイのリレー