June 11, 2006

金メダルと銅メダル

Pingpong 今日は、私が卓球を教えている少年らの大会だった。6名エントリーして、そのうちの一人が優勝して金メダル、もう一人が銅メダル、もう一人が4位だった。申し分のない結果である。最初はピンポンだった彼等も、日々の練習で、ラリーが続くようになり、自分達でサーブなども工夫するようになった。今日は勝利の美酒に酔い痴れることにしよう。

話は変わるが、釣りにも勝負ドコロというものがあると思うが、スポーツはその勘を養うのに役立つかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2005

破壊王

掛け針を巻きながら、ニュース番組を見ていたら、古館伊知郎氏が、橋本真也選手の訃報を伝えた。突然の訃報に、思わず、大きな声を出してしまった。私は、テレビ朝日のゴールデンタイム放送の頃から、大のプロレスファンである。不器用だけど、一生懸命なファイトをする橋本選手が好きだった。橋本選手を見習って、ダムの破壊王になるぞなどと意気込んだこともあっただけに、とても残念だ。同じレスラーの天龍源一郎選手は、56歳の今もバリバリのトップレスラーだ。何もかもこれからだというのに、40歳はあまりに早すぎる。心よりご冥福をお祈りいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2005

キャプテンシー

日本が北朝鮮に勝って、W杯出場を決めた。宮本選手のキャプテンシーは素晴らしいの一言に尽きる。神様の監督ジーコと中田ヒデという天才を擁するチームの意思を良く一つにまとめあげたと思う。自分達の意思で決めた戦術で、気持ちよく楽しそうにサッカーをしているイレブンの姿が、とても眩しく感じられた。ドイツでの健闘を祈りたい。Cngraturations!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2004

歴史的大敗

ラグビーをやっていた頃を思い出しながら、未明の日本VSウェールズ戦を見ていた。数日前の対スコットランド戦では100-8というスコアで敗れ、今回も98-0という屈辱的な大差で敗れてしまった。相手チームの選手は、縦に横に気持ち良さそうに走り、トライの山を築いていった。全身の筋肉はバランスよく発達していて、フィットネスは見るからに高そうだった。戦術以前のところで負けてしまっていたような感じを受けてしまった。 ガンバレ、ニッポン!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2004

ラージボール卓球

時々、公民館の卓球クラブで汗を流しているが、そこで、最近ラージボール卓球というのを始めた。普通のボールの直径40mmでかなりのスピードが出る。だが、ラージは44㎜で、飛ばないしスピードが出ないというのが特徴だ。どういうことかというと、老若男女を問わず、誰でもできる!という楽しい卓球なのである。卓球はtable tennisというが、よりテニスらしいラリーの応酬が楽しめる。釣りもおもしろいが、これもおもしろかった。勤務先の施設の子供達とやってみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)