« 鮎の一夜干し | Main | カワハギの竿① »

January 20, 2008

和竿

数年前、自作和竿の常連客で賑わう相模湖ナイターわかさぎに、興味本位で飛び込んだ。まったく釣れず、かなり落ち込んだ。ネットで検索しまくって、秋水先生のところへ足を運んだ。それが私と和竿との出会いである。それまで全然釣れなかったわかさぎが釣れた。わかさぎが餌を突いている様子も感じ取ることができた。相模湖では、尺上のブラックバスやヘラブナ、ヤマメ、ニジマス、ニゴイ、ウグイという外道が良く掛かる。強烈な魚の引きに翻弄されながら、和竿を持っていると、自然と魚が浮いて来るのがわかった。竹の持つ独特の調子に魅入られた瞬間であった。

|

« 鮎の一夜干し | Main | カワハギの竿① »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56829/17767675

Listed below are links to weblogs that reference 和竿:

« 鮎の一夜干し | Main | カワハギの竿① »