« 鮎釣り情報化時代 | Main | 四万十川の由来?② »

October 01, 2006

四万十川の由来?

東京の青山という地名は、徳川家康の家臣の青山某から取ったとのこと。青山某は、鷹狩りが趣味だった家康のために良いポイントを探し出してきた功績を認められたという話を聞いたことがある。こんな感じで、四万十についても調べてみた。

06920shimantogawa_004 Pict0789 1575年に「渡川の戦い」という土佐統一の戦があったらしい。渡川(わたりがわ)というのが、四万十川のオフィシャルな名前のようだ。四万十川の中流域に四万川という四万もの川が流れる川があり、それほどのスケールの大きな川が集結してできたのが四万十川ということみたいだ。〝十〟は集まるという意味なのだそうだ。

今年の9月に四万十川に行ったが、大自然からのパワーをもらえるような、不思議な気持ちになる川であった。

|

« 鮎釣り情報化時代 | Main | 四万十川の由来?② »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56829/12102859

Listed below are links to weblogs that reference 四万十川の由来?:

» 海釣に関する情報満載です! [海釣 情報ナビ]
海釣に関する情報を取り寄せ中!海釣を楽しみたい方はぜひ活用していってください。 [Read More]

Tracked on October 01, 2006 at 02:16 AM

« 鮎釣り情報化時代 | Main | 四万十川の由来?② »