« マナーは大事 | Main | 夏風邪 »

July 11, 2006

鮎の病気蔓延予防

7月8日(土)の諏訪・上川の鮎釣りは楽しかった。同行したK氏が釣った鮎の中に病気の鮎がいたそうだ。大体の釣り人は、おとり缶と引き船を一つずつ、シーズンを通して使っている筈だ。ということは、冷水病などのウィルスを、釣り人が持ち出したり、持ち込んだりしていることも考えられる。付け焼刃的な効果しかないかもしれないが、私は、時々、ピューラックスでおとり缶と引き船を消毒している。漁協は冷水病に強い種苗開発、放流に尽力してくれているわけだから、釣り人も個人レベルでできることをやろうという思いだけはある。

|

« マナーは大事 | Main | 夏風邪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56829/10895036

Listed below are links to weblogs that reference 鮎の病気蔓延予防:

« マナーは大事 | Main | 夏風邪 »