« 贈り物 | Main | 狩野川考察 »

November 13, 2005

キーモーパン・シンドローム(症候群)

釣り人同士には、「あなたは病気だ」とか「私も病気だが、あの人ほどではない」というような、奇妙な会話のやり取りがある。確かに、釣りに人生を賭けているかのような人もいるし、市販の仕掛けとレンタルロッドで、そこそこ楽しめれば良いという人まで千差万別だが、釣りを楽しみたいという思いは、みんな同じである。同じ病気でも、症状の幅が広い場合は、症候群という括り方をするようだ。

最近、釣友とカワハギ釣りに何度か行ったが、大変な世界であることを痛感した。ウェアからロッド、小物類まで、D社のトップモデルに身にまとった若者から、着流しのお爺さんまで、ファンの年齢層が実に広く、子供や女性のアングラーが多いのにも驚いた。また、船内ノーマークのお爺さんがぶっちぎりの竿頭になったりするのも、この釣りの奥深いところでもあり、釣り人を熱くさせる要素の一つだろうと思った。竿や針、リール、中オモリ、どれも多種多様のものが市販されており、自作に精を出している人も多いらしい。

話は変わるが、世に、ピーターパン・シンドローム(症候群)という言葉が流布したことがある。ピーターパンは、夢の国の永遠の少年である。船の上は、コン、コン、コンというキモパンカワハギ特有の引き味を、少しでも長く堪能していたいと、少年のようにはしゃいでいる人達ばかりである。楽しみ方に違いはあるが、キモパンカワハギ釣りに対する共通の思いを持つ人達のことを、私は、『キーモーパン・シンドローム(症候群)』と呼ぶことにした。どうやら、私も、キーモーパンの仲間入りをしてしまったようだ。

11月に、釣友海馬さんの肝いりで、カワハギのキモパンオフ会が開催されるが、どんな人たちが来て、どんなドラマが待っているのか、とても楽しみである。

|

« 贈り物 | Main | 狩野川考察 »

Comments

ayuさんこんばんは。仕事遅くなりまだ起きてたり
します。

とどさんからBB経由でハギのお知らせ見ました。色々調整しまして23日に決定でございます。

お会いできるの楽しみにしております。とどさんからは魚はうぶだとの情報がうれしいです。

まさしくキーモーパンの私です。郁恵ちゃんも真っ青です。自分の肝もぷりん体の取りすぎでパンパンだと思いますが我ながら食ったらまずそうです。

23日まで仕事しっかりして当日は楽しく出来ると良いと思います。

Posted by: daikyu | November 14, 2005 at 02:15 AM

daikyuさんも23日でしたね、よろしくお願いします。郁恵ちゃんが出てくるところが嬉しいですね。あなたも私もキーモーパン!こんな合言葉で楽しみましょう。

Posted by: Ayutarou | November 14, 2005 at 08:50 AM

初めまして。

キーモーバン・シンドローム、いいですね。
どんどんシンドロっちゃって下さい。

私もシンドロっちゃいそうです。
研究開始しました。

Posted by: ファイ | December 03, 2005 at 01:15 PM

ファイさん、初めまして。

自分の思いとは裏腹に、どんどんシンドロって行ってますね。ファイさんも何やら研究を始めたそうですが、ん~、興味津々ですね。これからもよろしくです。

Posted by: Ayutarou | December 03, 2005 at 10:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56829/7089566

Listed below are links to weblogs that reference キーモーパン・シンドローム(症候群):

« 贈り物 | Main | 狩野川考察 »