« 友釣りモットー川柳 | Main | カワハギとワカサギ »

October 24, 2005

Kawahagi釣りとかけて・・・

PICT0014これは、鮎の友釣りで使っている、サイズは0.5号~2号のオモリである。

かわはぎ釣りと掛けて、鮎師のこだわりと解く・・・
して、その心は・・・、共(友)に、こまめなオモリ交換が肝心!

カワハギ釣り用の中オモリを用意する時間がなかったので、鮎用のオモリを持って行き、中オモリとして活用した。この間は、中オモリを、いろいろな所に装着替えして、誘った方が効果的だった。だが、次も、うまく行くかわからないところが、釣りのおもしろさでもある。

|

« 友釣りモットー川柳 | Main | カワハギとワカサギ »

Comments

流石ですね。

先日のハギマスター達は、みなそれぞれに様々な工夫を凝らし、オモリの位置。サイズ。形状を情況の変化に応じて使い分けていました。いくつかの中オモリを使い分けていましたが、オモリケースの中には数種類の鮎玉も用意されていました。


中には潮の変化に合わせてPEを使い分けるヒトも。
通常1.5号 ⇒ 早潮~0.6号 (伸びは甘受)といった具合。
同時にスイベル使用による感度ロスを防止しようと、磯釣りで使う結束具に替え小さな中オモリを間隔50cmほどで2箇所にうっていました。

その工夫がなんとなくAyutarouさんにダブって見えたのですが。。。
 
とは言え、彼らの中にあって最も腕が立つ数人は、あまり仕掛けをいじったり独特な工夫などはしているように見えないのですよね~。やはり基本が大事ということでしょうか。

Posted by: とど | October 25, 2005 at 06:45 AM

とどさん、こんなに楽しい釣りを紹介してくれて、そして、助言ありがとうございます。

そうですよね、おっしゃる通りで、仕掛けをいじり始めると、迷路に入り込んでしまいますからね。

当面、この間の竿に市販の仕掛けでやって行きますよ。ただ、エサ・針・中オモリはこまめにチェックして、あとは待ちを含めた誘い、アワセ、取り込みといった基本動作を大事に、ハギと楽しく戯れた~いと思います。

Posted by: Ayutarou | October 25, 2005 at 08:55 AM

Ayutarouさんおはようございます。先日は
女房の仮病!?(ほんとに怪しい・・・)で
オフ会参加できずすいません。

今度は23日なのですがご参加予定ですか?
フジノさんとどさんにもひやかされてます
が本当はかみさんなんか怖くもなんとも
ありません(涙)

ハギ釣りはまだコツとか手が合うとか言う
レベルではないのでもう少し自分でも行か
ないとダメだと思います。何でも釣りは
面白いんですけで、こいつは特別ですかね?

鮎釣りの魅力ともまた違うんでしょうねー

中オモリの調整とかは何か誘ってる仕掛けの
動きとかをイメージ出来て始めて出来るん
でしょうね。がんばろ

Posted by: daikyu | November 04, 2005 at 06:58 AM

daikyuさん、こんばんは。
私も23日行きますので、よろしく!

ハギっていうのは、ある意味、特別かも
しれないなぁ・・・と思い始めています。
深く考えないようにしようと思っていても、
考えてしまっている自分がいます。

Posted by: Ayutarou | November 04, 2005 at 06:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56829/6548100

Listed below are links to weblogs that reference Kawahagi釣りとかけて・・・:

« 友釣りモットー川柳 | Main | カワハギとワカサギ »