« 狩野川鮎情報 | Main | 迷いは禁物 »

April 02, 2005

木曾追想

先日、釣友の海馬さんに信州の木曽川水系を案内して貰った。前日に雨が降ったため、川は、増水して、薄白く濁っていた。水温も下がっていたと思う。漁協の渓流マップを見ると、エリアが広く、支流の数も相当に多い。釣り人が竿を出したことのない、渓魚にとってはパラダイスな場所もかなりあるに違いない。男性的な荒々しい場所もあれば、女性的な優しい川相のところもあり、いろんな釣りが楽しめるのも魅力だ。時々、釣り人同士のトラブルの話も耳にする僕の地元の渓流とは違って、せこせこした雰囲気がない。山も川も、とてもきれいだ。街中を流れる木曽川本流は、大きな石も多く、夏には鮎もやってみたい感じだった。これから、新芽が芽吹く頃に、どっぷり浸かって、釣りを堪能したい川である。願わくば、これ以上、ダムは作ってほしくない川である。

|

« 狩野川鮎情報 | Main | 迷いは禁物 »

Comments

木曾は水良し石良し魚良しです
もちろん渓相の素晴らしさは
バツグンです
160近い本、支流を管轄する漁協が1ツだけ、
これは驚きですよね。

そんな木曽の川ですが
出来れば成魚は入れて欲しくない
出来れば亜種の岩魚も・・・

自然災害はともかく
乱獲でもしない限り魚の数なんて
そんなに減るもんじゃないと思っています

出来れば質のイイ釣り人が
質のイイ魚をモノにする
そんな代名詞が付く川にして欲しいですね

Posted by: カネ太郎 | April 07, 2005 at 11:28 PM

木曾は水良し石良し魚良しです
もちろん渓相の素晴らしさは
バツグンです
160近い本、支流を管轄する漁協が1ツだけ、
これは驚きですよね。

そんな木曽の川ですが
出来れば成魚は入れて欲しくない
出来れば亜種の岩魚も・・・

自然災害はともかく
乱獲でもしない限り魚の数なんて
そんなに減るもんじゃないと思っています

出来れば質のイイ釣り人が
質のイイ魚をモノにする
そんな代名詞が付く川にして欲しいですね

Posted by: カネちゃん | April 07, 2005 at 11:30 PM

カネちゃんさん、こんにちは。
何でも釣れれば良いというもんではないでしょう。カネちゃんの言うとおり、木曾は、そういうブランドにふさわしい渓流群かも知れませんし、そうあって欲しいと私も思いました。

Posted by: Ayutarou | April 11, 2005 at 08:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56829/3533768

Listed below are links to weblogs that reference 木曾追想:

« 狩野川鮎情報 | Main | 迷いは禁物 »