« ある日の狩野川 | Main | 零調子ロッドでの友釣り »

February 03, 2005

破天荒釣り師

相模湖新年会でお会いしたmakoさんが、ワカサギ掲示板で、面白い本だと紹介されたのを見て、早速読み始めた。この本は、巨べらが釣れるということでもつとに有名な相模湖で、数々の大記録を叩き出した伝説の名人・近藤市太郎氏の話である。まだ、さわりの部分だが、とても面白い。冬場は相模湖にわかさぎ釣りに行くことが多いのだが、湖の建造にまつわる悲惨な歴史、巨べらの里ができるまでの放流事業、現在の環境汚染の問題など考えさせられることも多い。とても、読み応えのある本だ。

|

« ある日の狩野川 | Main | 零調子ロッドでの友釣り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56829/2789422

Listed below are links to weblogs that reference 破天荒釣り師:

« ある日の狩野川 | Main | 零調子ロッドでの友釣り »