« 和竿の可能性 | Main | 明日は雪・・・か? »

January 13, 2005

発明の対価

青色発行ダイオードの発明者、中村修二カリフォルニア大教授の会見を見た。やってられないと怒るのも無理はないだろう。発明時の報奨金が2万円とは・・・、いくらなんでもひどすぎる。発明の対価に見合う報酬が支払われるシステムや研究者をバックアップする体制の整備が日本は遅れているとしかいいようがない。

|

« 和竿の可能性 | Main | 明日は雪・・・か? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56829/2562593

Listed below are links to weblogs that reference 発明の対価:

« 和竿の可能性 | Main | 明日は雪・・・か? »